ネットで稼ぐ 小さな会社 WEB戦略 方法

ネットで稼ぐ小さな会社のWEB戦略情報

◆ 受検日近し!!

 ~~ ネットショップ検定 ~~

◇ 検索フォーム

◇ カテゴリ

◇ 最新コメント

◇ 最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☞☞「点」でなく「面」で集客し稼ぐ仕組みをつくるには

SEO対策~1~

2011年04月23日(土)

小さな会社の基本戦略【SEO対策~1~】


まずはじめに。

TBSで好評の「渡る世間は鬼ばかり」では、

インターネットで”ギョーザ”が売れているようですが。


では、自社をインターネット上に開店、

すなわち、自社ホームページを立ち上げれば同じように・・・。

まず、無理でしょう。


なぜなら、インターネット上に自社ホームページを立ち上げただけでは

太平洋のど真ん中に浮かぶ小舟のようなもので、

誰にも知られてないからです。


ということは、誰も自社(ホームページ)に来客してくれません。


では、どうすればよいのか。

ここで、SEO対策というわけです。


小さな会社インターネットの世界で売上げを得ようと思えば

SEO対策は必須事項です。


なぜか?理由は簡単です。

アクセスを集めるためです。

集客のためです。


つまり

集客するために

SEO対策は必須事項というわけです。


小さな会社の基本戦略【SEO対策~2~】


小さな会社の基本戦略【SEO対策~3~】へ

☞☞「点」でなく「面」で集客し稼ぐ仕組みをつくるには

SEO対策~2~

2011年04月23日(土)

小さな会社の基本戦略【SEO対策~2~】


SEO対策はなぜ必須事項なのか。

アクセスを集めるため、集客のために必要です。


もっと言えば、検索エンジン経由によるアクセスを集めるためです。

ヤフーやグーグルなどの検索エンジンによるアクセスは、

キーボードに特定の『キーワード』を入力して集客した人です。


例えば、「ネットビジネス」というキーワードで集客すれば

ネットビジネスに興味がある、始めたい『見込み客』である

可能性が極めて高いという訳です。


検索エンジンからのアクセスアップでは

質のよいアクセスを集めることが出来るというわけです。

しかも、お金もかけずに!


もう1回言いますね。

無料でできます。

小さな会社にとっては、とても魅力です。


というわけで、

SEO対策により

質のよい見込み客を集めることができ、

しかも、無料でできるということが

検索エンジンから集客するメリットであり

ネットビジネスSEO対策は避けては

通れない道といった所以です。


ただし、検索エンジン対策(SEO対策)と聞くだけで

即、「私には無理だわ」ではないでしょうか?


気持ちは分かります。


でも、無料でのSEO対策は、

手間はかかりますが、

難しいものではありません。


小さな会社の基本戦略【SEO対策~1~】


小さな会社の基本戦略【SEO対策~3~】へ

☞☞「点」でなく「面」で集客し稼ぐ仕組みをつくるには

SEO対策~3~

2011年04月23日(土)

小さな会社の基本戦略【SEO対策~3~】


SEO対策前に知っておくべきことがあります。

それは検索エンジンの「目的」と「仕組み」です。


目的と仕組みを知ることで

検索エンジンSEO対策のイメージがわきます。


巷には、いろいろなSEO対策に関する書籍や情報教材が溢れてますが、

基本は王道的なSEO対策に尽きます。

日々の積み重ねがSEO対策になります。

王道的なSEO対策こそが最強のSEO対策というわけです。


では、一体どうすればいいのか?


まずは「検索エンジンの目的」を考えてみます。

検索エンジンの目的は、

「ユーザーが探しているサイトを上位表示させる」に尽きます。

ですから検索エンジンの目的に合うSEO対策かどうかを考えることで、

有効なSEO対策かどうかがわかってきます。


ヤフーやグーグルのような検索エンジン運営者は

どのようなサイトを上位表示させたいか。

検索エンジン利用者が探している

内容(コンテンル)が充実しているサイトを上位表示させたいと思います。


検索エンジン利用者が探してもいないようなサイトが

上位表示されれば、検索エンジン利用者はガッカリすることでしょう。

というか検索エンジンを今後使いたくないでしょう。


というわけで、検索エンジンの目的は、

検索エンジンユーザーが探しているサイトを上位表示させること」に尽きます。



次に、仕組みです。

検索エンジンはクローラーと呼ばれる

検索エンジンロボットが各サイトを回り、

それをデータベースに自動登録し、

それをアルゴリズムに照らし合わせ

検索結果を決めています。

つまり表示順位を決定しているというわけです。


ということは、とにかく自分のサイトに

クローラーを呼び込まなければならないということです。


そのクローラーは、

既にキャッシュされているページの

リンクを辿って巡回します。


ですからクローラーが自分のサイトに

訪問してもらうためには「バックリンク」、

訪問したクローラーに自分のサイト内で巡回してもらうには

「内部リンク」と呼ばれるものが重要となります。


ちなみに、バックリンクとは、

自分のサイトを他のサイトにリンクさせることです。

内部リンクとは、

自分のサイト内にあるページをリンクすることです。


バックリンクと内部リンクを充実しておくことで

クローラーを頻繁に循環させることが出来、

同時に自分のサイト内を効率よく

巡回してもらうことが出来るようになります。

ただし、クローラーが巡回してきても

そのページが必ずキャッシュされるとは限りません。


キャッシュしてもらうためにも

各ページにバックリンクを付けて

充実していく必要があるわけです。


なぜか。

それは、「中味が充実している良質なサイト」と

検索エンジンに認識させる役割があるからです。


多方面でリンクが張られているということは、

充実している良質なサイトであろうと

検索エンジンが推測するからです。



トップページは当然のこと、

各記事で行うことで、

多くのページをキャッシュ

されやすくすることができるということです。


ちなみに、キャッシュとは、

検索エンジンのデータベースに

自分のサイト内のページが登録されることです。

登録(キャッシュ)されれば、

検索結果に表示されるようになるということです。


小さな会社の基本戦略【SEO対策~1~】

小さな会社の基本戦略【SEO対策~2~】


☞☞「点」でなく「面」で集客し稼ぐ仕組みをつくるには

マーケティング~1~

2011年04月22日(金)

小さな会社の基本戦略 【マーケティング~1~】


”とんかち”は、マーケティングの専門家ではありません。

でも、”とんかち”なりに意識して実践してきました。


マーケット、つまり市場をよく調べました。

弊社の商品の需要がどうなのか。


そんなの当たり前だろう!


と言われそうですが、

インターネットの世界で、

小さな会社”がどんな考え(思考)で

どんな戦略を立てるのかが重要なわけです。


インターネット上の市場で勝負するわけですから、


インターネット上で、

需要があるのか?

競合はいるのか?

勝てる競合か?

などなど・・・。


では、どうやって調べれば、

需要があるとか、競合がたくさんいるとか、

わかるのだろうか・・・。


小さな会社にはお金がありません。

自前で調べるしかありません。


ご安心ください。

インターネット上には無料で便利なツールがたくさんあります。

当然、使わせていただきました。


グーグルキーワードツール


Ferret+


使い方は簡単なのでここでは触れません。

これらの無料ツールでは、

毎月、どのような”キーワード”が

検索されているのかを調べることができます。


ズバリ、インターネットの世界での需要とは、

キーボードに打ち込まれる”キーワード”の回数でわかります。


上の無料ツールでは、月間検索回数がわかるというわけです。


では、月間検索回数が多いキーワードが需要があるということで、

小さな会社としては、

この月間検索回数が多いキーワードで勝負すべきなのでしょうか。

答えは、NOです。


小さな会社にとっては、”ロングテール理論”の考え方が重要です。


マーケティング~2~へ


☞☞「点」でなく「面」で集客し稼ぐ仕組みをつくるには

マーケティング~2~

2011年04月21日(木)

小さな会社の基本戦略 【マーケティング~2~】


まずは、”ロングテール理論”とは。

インターネットを利用したネット販売では、

膨大な商品を低コストで取り扱うことができるので、

ヒット商品の大量販売に依存せずに、

ニッチ商品を多品種少量販売することで大きな売り上げ、

利益を得ることができる経済理論のことです。

logtail2.jpg



例えば、年に1回しか売れないような商品でも、

インターネット上に登録しておけば別に整理する必要もないので、

このような商品を数多く用意しておくことで

結果として合計すると大きな売り上げを期待することができるというわけです。

ロングテールとは、

このようなニッチ商品の集合体でもあります。


この”ロングテール理論”では、

ニッチな商品ですが、

これを”ニッチなキーワード”で考えます。


logtail3.jpg



マーケティング~1~で紹介した無料ツールを駆使して、

ロングテール部に該当するニッチなキーワードを徹底的に調査します。

もちろん、自社の商品を思い浮かべながらですよ。


キーボードに打ち込むキーワードは、1語(単体語)だけでなく、

2、3語(複合語)打ち込んで、

自社商品はどのようなキーワードであれば、

勝負できるのかを調べていきます。


つまり、マーケティングで何をするのかと言えば、

それは、ニッチなキーワードを調べて、

小さな会社が勝負すべきキーワード、

言い換えれば、

小さな会社が勝負すべき市場を洗い出していくことになります。


マーケティング~1~へ



☞☞「点」でなく「面」で集客し稼ぐ仕組みをつくるには

◆ 管理人です!

とんかち

Author:とんかち
”とんかち”です。

九州のとある田舎の小さな会社のWEBマーケティング担当です。

小さな会社がインターネットの世界に初めて参入し、
売上を上げていくためのウェブ戦略情報をお届けします!

詳細は ⇒ プロフィール

ご質問等はお気軽にどうぞ!

◆ 便利な無料ツール

◆ リンク

◆ RSSリンクの表示

◆ QRコード

QR
 
■アクセス解析タグ 韓流
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。