ネットで稼ぐ 小さな会社 WEB戦略 方法

ネットで稼ぐ小さな会社のWEB戦略情報 > スポンサー広告 > マーケティング~1~> マーケティング~1~ > マーケティング~1~

◆ 受検日近し!!

 ~~ ネットショップ検定 ~~

◇ 検索フォーム

◇ カテゴリ

◇ 最新コメント

◇ 最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☞☞「点」でなく「面」で集客し稼ぐ仕組みをつくるには

マーケティング~1~

2011年04月22日(金)

小さな会社の基本戦略 【マーケティング~1~】


”とんかち”は、マーケティングの専門家ではありません。

でも、”とんかち”なりに意識して実践してきました。


マーケット、つまり市場をよく調べました。

弊社の商品の需要がどうなのか。


そんなの当たり前だろう!


と言われそうですが、

インターネットの世界で、

小さな会社”がどんな考え(思考)で

どんな戦略を立てるのかが重要なわけです。


インターネット上の市場で勝負するわけですから、


インターネット上で、

需要があるのか?

競合はいるのか?

勝てる競合か?

などなど・・・。


では、どうやって調べれば、

需要があるとか、競合がたくさんいるとか、

わかるのだろうか・・・。


小さな会社にはお金がありません。

自前で調べるしかありません。


ご安心ください。

インターネット上には無料で便利なツールがたくさんあります。

当然、使わせていただきました。


グーグルキーワードツール


Ferret+


使い方は簡単なのでここでは触れません。

これらの無料ツールでは、

毎月、どのような”キーワード”が

検索されているのかを調べることができます。


ズバリ、インターネットの世界での需要とは、

キーボードに打ち込まれる”キーワード”の回数でわかります。


上の無料ツールでは、月間検索回数がわかるというわけです。


では、月間検索回数が多いキーワードが需要があるということで、

小さな会社としては、

この月間検索回数が多いキーワードで勝負すべきなのでしょうか。

答えは、NOです。


小さな会社にとっては、”ロングテール理論”の考え方が重要です。


マーケティング~2~へ


☞☞「点」でなく「面」で集客し稼ぐ仕組みをつくるには

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
■アクセス解析タグ 韓流
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。