ネットで稼ぐ 小さな会社 WEB戦略 方法

ネットで稼ぐ小さな会社のWEB戦略情報

◆ 受検日近し!!

 ~~ ネットショップ検定 ~~

◇ 検索フォーム

◇ カテゴリ

◇ 最新コメント

◇ 最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☞☞「点」でなく「面」で集客し稼ぐ仕組みをつくるには

プロフィール

2011年04月10日(日)

プロフィール~Profile~


プロフィール~Profile~


九州のとある田舎の小さな小さな通販会社の

WEBマーケティング担当の”とんかち”です。

WEBマーケティング担当?

ネットショップ担当ということです。


もうすぐ50歳です。



とんかちが勤務する通販会社は、本当に小さな小さな会社です。

とんかちは、入社して2年が経過しました。

県内の大学を卒業後は、

20数年間は地方公務員でした。


でも不思議なことに

気づいたら無職に。

勘違いしないで下さいね。

別に悪いことして処分されたわけではありませんので。


約1年間無職でしたが、

このままではいけないと突然感じ、

近所のコンビニで求人案内を無造作に開きました。


人生わかりませんよね。

この無造作に開いたことが

”とんかち”の第二の人生のスタートになりました。


そうなんです。

今の小さな小さな通販会社の求人情報です。

全国の飲食店に電話で食材の案内をする仕事です。

小さな会社だったのか、

わざとなのか、

めがねをはずして見ないとわからないくらいの

小さい小さい案内文でした。


ま、とりあえず面接に行ってみるか。

みたいな感じで電話をして、履歴書を持参して、

指定された時間の10分前に行きました。

でも、住所を確認するんですが、

今一つ場所がわからなかったので、

電話してみてわかりました。

何と小さな会社の前に立っていたわけです。



面接官は常務という肩書きでした。

私の面接の前に若いのが面接にきたというので

不採用(採用枠1人)だろうと諦めて、さっさと帰宅しました。


翌日でした。常務から電話あって採用になりましたと。

入社後に知ったことですが、

社長決裁で採用枠が2人になったようです。


そうなんです。

社長に拾われたんです。


2月から社員となりました。

小さな小さな通販会社の一員となりました。


実は、履歴書には書いてあったのですが。

これまでの仕事柄、パソコンは必須でしたので、

それなりの知識、スキルはありました。

それと、ネットで多少のお小遣いを得た経験もありました。

その履歴書の1行が社長の目に留まったようです。


そんなことはさておき、

早速、電話での食材案内がスタートしました。

全くの門外漢でしたので、

半ば破れかぶれでした。


3月には顧客も任されて、

全国の居酒屋のご主人様に御用聞きの毎日です。


少し慣れたころから、

社長と会話する機会が増えました。

社長の口からは「インターネット」で何とか・・・。

私も少しは知識、スキルがあったので、

とりあえずは相槌を打っておきました。


そして、3月末に社長から一言。

4月からはホームページからも注文があるようにと。


うっそでしょー!!



このブログでは、

”とんかち”が、WEBマーケティング担当となって、

失敗と成功を実際に体験して、

1年間で月約200万円の売上げを得た方法を

公開していきます。


もちろん、”とんかち”とあなたとでは環境も違いますし、

性格も得意分野も違うでしょうから、

”とんかち”の真似をしても・・・。

と思うかもそれませんが

それでも、こういうケースもあるのだという、

ひとつの参考になればと思います。



小さな通販会社のWEBマーケティング担当という肩書きで、

奮闘している”とんかち”の

知っている限りの情報・経験を

提供していきたいと思っています。




☞☞「点」でなく「面」で集客し稼ぐ仕組みをつくるには
スポンサーサイト

◆ 管理人です!

とんかち

Author:とんかち
”とんかち”です。

九州のとある田舎の小さな会社のWEBマーケティング担当です。

小さな会社がインターネットの世界に初めて参入し、
売上を上げていくためのウェブ戦略情報をお届けします!

詳細は ⇒ プロフィール

ご質問等はお気軽にどうぞ!

◆ 便利な無料ツール

◆ リンク

◆ RSSリンクの表示

◆ QRコード

QR
 
■アクセス解析タグ 韓流
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。