ネットで稼ぐ 小さな会社 WEB戦略 方法

ネットで稼ぐ小さな会社のWEB戦略情報

◆ 受検日近し!!

 ~~ ネットショップ検定 ~~

◇ 検索フォーム

◇ カテゴリ

◇ 最新コメント

◇ 最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☞☞「点」でなく「面」で集客し稼ぐ仕組みをつくるには

ネットショップ実務士とは?

2011年05月11日(水)

ネットショップ実務士とは?


ネットショップ実務士とは、

一般財団法人ネットショップ能力認定機構が認定する、

Eコマース業界での実務能力を証明できる資格のことです。


このネットショップ実務士の資格を取得するための試験があります。


EC業界やネットショップで現在働いている、

または働きたい全ての人の実務能力アップを図り、

人材の育成、就職・独立起業支援を目的とした検定試験です。



ネットショップ実務士公式テキストの詳細はこちら ↓ ↓ ↓

2011年版 ネットショップ検定 公式テキスト ネットショップ実務士 レベル1~2共通


ネットショップ検定は、

Eコマース業界を代表する大手企業の“こんな人材が欲しい!”

から生まれた資格で、合格者はEコマース業界の実務知識とノウハウを習得した業界の

スペシャリスト「ネットショップ実務士」として認定します。


◆協力企業・団体は30社以上!

・Yahoo!JAPAN
・ディー・エヌ・エー
・オイシックス
・オプト
・スタイライフ
・ヨドバシカメラ etc...
(31社・2団体/2010年10月現在)


◆地方自治体の就職訓練事業にも採用!

・大阪府高度総合事務センターの就職支援事業の訓練課題に正式採用

・セラクの運営する基金訓練講座「ネットショップ開設運営科」の訓練課題として採用


EC業界初心者にも分かり易く、必要な情報が、

すぐに実践できる内容としてまとめられている学習内容は、

様々な企業、教育・職業訓練機関から高く評価されています。


◆出題問題について

出題される問題は主に「ネットショップ実務士公式テキスト」から出題されます。


ネットショップ実務士公式テキストはこちら ↓ ↓ ↓

2011年版 ネットショップ検定 公式テキスト ネットショップ実務士 レベル1~2共通



☞☞「点」でなく「面」で集客し稼ぐ仕組みをつくるには
スポンサーサイト

ネットショップ検定〈公式テキスト〉

2011年05月10日(火)

ネットショップ検定〈公式テキスト〉

2011年版 ネットショップ検定 公式テキスト ネットショップ実務士 レベル1~2共通

2011年度版のネットショップ検定の公式テキストについて紹介します。 

テキストの内容は以下のとおりです。

・インターネットの現状

・電子商取引におけるネットショップ

・ネットショップの種類と特徴

・ネットショップと実店舗

・ネットショップ業界

・ネットショップ開店〜運営の流れ 準備編

・ネットショップ開店〜運営の流れ 制作編

・ネットショップ開店〜運営の流れ 運営編

・ネットショップ・スタッフの働き方

・ネットショップ業界に必要な知識

・ネットショップ業界に必要なスキル


ちなみに、ネットショップ検定〈公式テキスト〉は

実施団体による唯一の公式テキストです。


簡潔に言えば、

ネットショップの運営のプロに必須の「知識」と「スキル」が学べます。

ネットショップ実務士になるためのファーストステップ。


詳細は ↓ ↓ ↓

2011年版 ネットショップ検定 公式テキスト ネットショップ実務士 レベル1~2共通


☞☞「点」でなく「面」で集客し稼ぐ仕組みをつくるには

ネットショップ運営

2011年04月19日(火)

ネットショップ運営


ネットショップの運営方法は、

独自ドメイン店としての出店と

Yahoo!ショッピング、楽天市場などの

ショッピングモールへの出店との2形態があります。



1 独自ドメイン店の特徴 へ

2 ショッピングモールの特徴 へ

☞☞「点」でなく「面」で集客し稼ぐ仕組みをつくるには

特定商取引法に基づく表示

2011年04月18日(月)

特定商取引法に基づく表示


ネットショップ等の通信販売では、

特定商取引に関する法律」によって、

販売条件の表示が義務づけられています。


ネットショップを運営する際は、

特定商取引法に基づく表示」のページを作成し、

必要項目を表にまとめて掲載します。


ネットショップでは、対面販売ができないので、

特定商取引法の表示が信頼のベースとなります。



特定商取引法に基づく表示」に記載する項目

・販売事業者名

・運営統括責任者名

・お店の住所

・電話番号

・メールアドレス等の連絡先

・販売価格

・商品代金以外の必要金額

・代金の支払時期

・商品の引き渡し時期

・支払方法

・返品条件

などなど

☞☞「点」でなく「面」で集客し稼ぐ仕組みをつくるには

独自ドメイン店の特徴

2011年04月18日(月)

独自ドメイン店の特徴


独自ドメイン店とは、

「〇〇.com」「◇◇.jp」「□□.net」といった

ショップ固有のドメインで運営するネットショップのことです。


独自ドメイン店は、

世界中に1つしか存在しない自分の会社(看板、住所)でもあります。


ただし、有料となります。

ちなみに無料のホームページサービスを活用して

ネットショップを運営する方法もありますが、

活用の自由度が制限されます。



最近では、

ショップサーブ

MakeShop

カラーミーショップ



等に代表されるネットショップ構築ツールを利用して

手軽にネットショップの構築ができるようになっています。 



【メリット】

1.ネットショップの構築、運用の自由度が高い。

2.検索エンジン経由で指名買いする商品は有利である。

3.自分の思い通りの運営が可能である。

4.顧客データの収集が可能である。

5.限界利益が高い。


【デメリット】

1.集客力でショッピングモールに劣る。

2.自力での知識の習得、作業が必要。


ショッピングモールの特徴 へ

☞☞「点」でなく「面」で集客し稼ぐ仕組みをつくるには

◆ 管理人です!

とんかち

Author:とんかち
”とんかち”です。

九州のとある田舎の小さな会社のWEBマーケティング担当です。

小さな会社がインターネットの世界に初めて参入し、
売上を上げていくためのウェブ戦略情報をお届けします!

詳細は ⇒ プロフィール

ご質問等はお気軽にどうぞ!

◆ 便利な無料ツール

◆ リンク

◆ RSSリンクの表示

◆ QRコード

QR
 
■アクセス解析タグ 韓流
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。