ネットで稼ぐ 小さな会社 WEB戦略 方法

ネットで稼ぐ小さな会社のWEB戦略情報

◆ 受検日近し!!

 ~~ ネットショップ検定 ~~

◇ 検索フォーム

◇ カテゴリ

◇ 最新コメント

◇ 最新トラックバック

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☞☞「点」でなく「面」で集客し稼ぐ仕組みをつくるには

ブランディング~2~

2011年04月20日(水)

小さな会社の基本戦略【ブランディング~2~】


ブランディングとは、

その市場でNo.1になることというよりも、

「顧客にとってNo.1」になることと考えればいかがでしょうか。


例えば、訪問者やメルマガ読者からの質問に丁寧に答える。

これは、その人にとって、あなたは「No.1」の人です。


いかにして競合会社と差別化し、

お客様にとってのNo.1になれるかが

小さな会社ブランディングで重要なことです。


結果として、ブランディングにより「信頼」が生まれます。


では、”とんかち”なりのブランディング作業の1つについて。


お客様のターゲットを細分化し、明確化しました。


心の中で、たった1人の見込み客を決めました。


見込み客を「この人」と決定して、

このたった一人の見込み客に自社商品を購入してもらうためには

どうしたら良いのかと考えました。


細分化し明確化していくと、

結局のところ「たった1人」になります。


たった1人の見込み客を想像しながら

ネットショップ(ホームページ)を構成するわけです。


勘違いしないで下さいね。

決して「1人だけにしか売らない」というとことではありませんよ。


大切なことは、あの人も、この人もではNGということです。


あの人もこの人もよりも、

たった1人に絞ると、

見込み客は、「自分のことかも?」と思ってくれるでしょう。


ここが重要なんですよね。


そして、顧客にとってのNO1になれば信頼関係が生まれます。

リピーターになります。

まさにブランディングです。


ですから、「たった1人のこの人に売る」というところまで

可能な限り細分化し、明確化しましょう。


小さな会社にとっては、

「誰のためのネットショップか」がホームページで伝わることが大切です。


結果としてブランディングにもつながっていくわけです。



ブランディング~1~

☞☞「点」でなく「面」で集客し稼ぐ仕組みをつくるには
スポンサーサイト

◆ 管理人です!

とんかち

Author:とんかち
”とんかち”です。

九州のとある田舎の小さな会社のWEBマーケティング担当です。

小さな会社がインターネットの世界に初めて参入し、
売上を上げていくためのウェブ戦略情報をお届けします!

詳細は ⇒ プロフィール

ご質問等はお気軽にどうぞ!

◆ 便利な無料ツール

◆ リンク

◆ RSSリンクの表示

◆ QRコード

QR
 
■アクセス解析タグ 韓流
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。